大阪からの水圧転写ご依頼や外注にも対応しています

水圧転写は大阪でも対応

当社は京都府に工場や営業所があり、本社は奈良県に置いていますが、大阪からの水圧転写ご依頼やお見積り、製品開発にあたってのご相談などもお受けしています。

大阪の企業様との取引実績は、誰もがご存知の一流大手家電メーカー様や製薬会社様のお仕事などもお手伝いしております。

営業所や工場が京都にある関係上、「大阪でも来てもらえますか?」というお問い合わせを多々いただいております。

結論から申しますと、大阪でも水圧転写やプラスチック塗装金属塗装などが絡む製品開発や塗装・転写のご相談でしたら、御社まで担当者が直接お伺いいたします。

転写する製品がすでに出来上がっている場合

すでに製品がある場合でしたら、現物を拝見してから「どのような塗装方式がベストなのか」等のご提案も可能です。

水圧転写の場合ですと、転写フィルム(転写シート)のデザインサンプルや、これまでに製作した製品サンプルをお持ちいたします。

水圧転写の注意点として、立体物の形状によっては工夫が必要になるケースもあるため、最適な転写方法の見極めが重要です。

転写する製品をこれから開発する場合

製品の仕様上、塗装デザインだけでなく形状にこだわって開発をおこなうケースも多々あるかと思われます。

製品の形状を重視した結果「水圧転写の際にうまくシートが転写されない」といったことが起こると目も当てられません。

そういった事がないよう、新製品開発の際には、デザイン転写時のことまで考慮した形状での開発も重要になるポイントです。

創業46年の実績と経験から最適な製品開発をサポートします

大栄工業株式会社では、長年の経験則を活かし転写技術の向上を進めた結果、あらゆるものに小ロットでの転写が可能になりました。

同じ商品であっても多様なニーズに合わせたデザイン展開することで、従来よりも独自性・趣味性の高いものを低コストでお届けすることが可能です。

エンドユーザー様に価値のある製品開発のお手伝いをさせていただきます。

関連記事

  1. 自動車部品のプラスチック塗装や加飾・水圧転写のお見積り

    自動車部品のプラスチック塗装や加飾・水圧転写

  2. 水圧転写の原理や仕組みを解説

    水圧転写の原理や仕組みを解説!

  3. 工業製品の塗装見積もり

    工業製品のデザイン塗装や水圧転写の見積もり承ります

  4. オリジナル水圧転写

    オリジナルフィルム水圧転写(オリジナル塗装)

  1. 水圧転写の原理や仕組みを解説

    2019.05.31

    水圧転写の原理や仕組みを解説!

  2. 自動車部品のプラスチック塗装や加飾・水圧転写のお見積り

    2019.01.19

    自動車部品のプラスチック塗装や加飾・水圧転写

  3. 工業製品の塗装見積もり

    2018.12.07

    工業製品のデザイン塗装や水圧転写の見積もり承ります

  1. 2018.07.01

    当社は企業間取引でのご対応となります

BLOG CATEGORY

BLOG ARCHIVE